にじいろ子どもクリニックアトピー性皮膚炎|にじいろ子どもクリニック|小児科

新百合ヶ丘駅北口より1分
川崎市麻生区万福寺1丁目1-2 シティモール4F
044-951-2416
  • 平日…09:00~12:00 / 15:30~18:00
    土曜…09:00~13:30
    平日13:30~15:30…予防接種・乳幼児健診
    休診…水曜・日曜・祝日

新百合ヶ丘駅北口より1分
にじいろ子どもクリニック

MENU
Web予約はこちら

アレルギー性の病気

Allergic disease

アトピー性皮膚炎Atopic dermatitis

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎ってどんな病気?

アトピー性皮膚炎は、肌のバリア機能が低下して、
湿疹が良くなったり悪くなったりを繰り返し、治療に時間がかかることが特徴の病気です。

アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎は、様々な要因が重なっていることが多い病気です。
その要因には、肌のバリア機能が低下しているといった「体質的な要因」や、
アレルギー症状を引き起こす原因物質にどの程度曝されているか、
ちりやほこり、汗、細菌やカビなどの「環境的な要因」や、ストレスなどがあります。
要因は人によっても異なるため、同じ生活環境にいても発症する人や発症しない人がいます。

アトピー性皮膚炎を悪化させる原因には、

肌のかゆみが起きる かきむしる 炎症や湿疹が悪化する 肌のかゆみが起きる

という悪循環に陥りやすいということが大きく関係しています。
この悪循環から脱出することがアトピー性皮膚炎をよくするためのポイントです。

成長するにつれて腹筋が発達していき自然に臍輪は塞がっていくことが多いですが、
放っておくとへその周囲の皮膚が伸びてしまうことやへその緒が外に押し出された状態になってしまうこともあります。

アトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎の症状

痒みのある湿疹ができたり治ったりを繰り返すことが特徴的な症状です。
痒みがあるため、肌をかきむしってしまいさらにバリア機能が低下し、
そこに汗や食べかすやほこり、細菌やカビがさらに炎症を起こして湿疹を繰り返してしまうという悪循環に陥りやすいのも特徴です。

自分では掻かないようにしていると思っていても、タオルや服でゴシゴシこすったり、
眠っている間にいつの間にか掻いてしまっているということもあり、
知らず知らずのうちに症状が持続してしまったり悪化させてしまっている場合があります。

アトピー性皮膚炎の治療

肌の清潔と保湿を維持するスキンケアを基本として、
湿疹を改善する薬物療法(抗炎症剤ステロイド外用薬)を使って、
肌の乾燥や炎症を起こさないようにして改善をはかります。 また悪化要因への対策も重要です。

感染症などとは異なりあっという間に良くなるということはありませんので、
症状が良くなっても、しばらく保湿剤や抗炎症剤ステロイド外用薬を使って良い状態をキープしていくようにしましょう。
良くなってきたからと薬の使用をすぐに中断すると、また悪化してしまうということもありますので注意が必要です。

薬を塗るときには、肌の表面がテカテカしてペタペタとティッシュがくっつく位の量が適量です。
ペタペタするのが気になるからといって、薄く塗り伸ばしてしまっては十分な効果が得られません。

かゆみのない状態を目標に治療をおこなっていきます。
アトピー性皮膚炎は、痒みを伴う湿疹を繰り返すので、かゆみのせいで夜十分に眠れず発達や発育に影響が出たり、
日中に頻繁に眠気が起こったりする場合や、遊びや勉強に集中できないということもあります。

お子様の健康や生活にとっても与える影響が大きい病気ですので、
根気のいる治療ですがしっかりと治療していくことが大事です。

おうちでのホームケア

お家でおこなっていただきたいことは、毎日の継続したスキンケアと、
必要な量の薬をしっかりと塗るということです。

良くなったからすぐに薬を止めたり、すこし悪くなったからと市販の薬を使ったりしていると、
症状がなかなか良くならないということもあります。

お薬を使っていても症状が変わらないという場合には、
別のお薬を調整して経過をを見ていきますので、まずはご相談ください。

症状がしっかりと良くなってきてから、徐々にステロイド外用薬を減らしていきましょう。
見た目ですぐにかなり良くなっても、まだ肌のバリア機能が不完全な段階にあり、
薬の頻度を減らして大丈夫かどうか一度に相談していきましょう。

よくある質問

保湿剤ってどのくらいぬればいいの?
チューブの軟膏の場合、人差し指のてっぺんから第一関節まで出した量で、
大人の手のひら2枚ぶんの面積に塗るのが適量です。
保湿剤とステロイド外用薬を重ねて塗っていいの?
保湿剤とステロイド外用薬を重ねて塗る場合は、
湿疹部分にステロイド外用薬を先に塗ってから保湿剤を上から重ねるようにしてみましょう。
どちらが先とは決まっていませんが、湿疹部分にステロイド外用薬をしっかりと塗ることが大事です。
お子様は、お薬を塗っている間に動いてしまったりと大変なこともあります。
保湿剤とステロイド外用薬を混ぜたお薬を調整しておりますので、診察時にご相談ください。
体を洗う時の注意は?
石けんやシャンプーをしっかりと泡立ててから、手で撫でるように優しく洗ってください。
タオルなどでゴシゴシこするとふやけた皮膚が剥がれ、さらに乾燥しやすくなったり、湿疹を引き起こしやすくなってしまいます。
洗い終わった後には、ぬるめのお湯でしっかりと流すようにしてくましょう。
石けんが肌に残っていると乾燥や湿疹の原因にもなります。
食物アレルギーと関係あるの?
食物アレルギーがあるからといって、アトピー性皮膚炎を必ず発症するということはありませんが、
バリア機能の低下した皮膚の隙間から食物が入り込むことで食物アレルギーが発症しやすくなることがあります。
食物アレルギーをできるだけ起こさないようにするために、
アトピー性皮膚炎や湿疹をしっかりと治療して肌のバリア機能を整えておくことが大事です。
いっしょにスキンケアから取り組んでいきましょう。