にじいろ子どもクリニック

新百合ヶ丘駅北口より1分
川崎市麻生区万福寺1丁目1-2 シティモール4F
044-951-2416
  • 平日…09:00~12:00 / 15:30~18:00
    土曜…09:00~13:30
    平日13:30~15:30…予防接種・乳幼児健診
    休診…水曜・日曜・祝日

新百合ヶ丘駅北口より1分
にじいろ子どもクリニック

MENU
Web予約はこちら

感染症の病気

Infectious disease

ヘルパンギーナHerpangina

ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナってどんな病気?


ヘルパンギーナは夏に流行しやすい、高熱とのどの痛みを主症状とする感染性の病気です。

38℃以上の高熱が3~5日続き、のどの奥のところに口内炎がたくさんできます。
のどがとても痛く、ごはんが食べられなくなり、機嫌が悪くなります。
毎年5月ごろから増加し始めて6~7月に流行のピークを迎えます。

ヘルパンギーナの原因

主にエンテロウイルス属のコクサッキーウイルスなどのウイルス感染が原因です。

一度かかったウイルスに対しては免疫ができるので再発しませんが、症状を引き起こすウイルスの型が複数あるため、
別の型のウイルスに感染してヘルパンギーナを再発することがあります。

感染した人の咳やくしゃみにはウイルスが潜んでおり、
飛び散ったウイルスを吸い込んだり、ウイルスのついた手で目や鼻、口を触ることで感染します。
また、感染した人の便にもウイルスが潜んでおり、おむつを替えたときに手にウイルスがつくこともあるので注意が必要です。

ヘルパンギーナの症状

ヘルパンギーナにかかると、

  • 38度以上の高熱
  • のどの痛み
  • のどが赤くはれる、口内炎ができる。
  • のどに小さな水疱ができる

といった症状が見られます。

のどの痛みが強い場合には、食欲がなくなったり、
冷たい飲み物や温かい飲み物が刺激となってさらに痛みが強くなることもあり、脱水症状を起こすこともあります。

ヘルパンギーナの治療

ウイルスが原因のため特効薬のようなものはありません。改善するまでの間、症状をやわらげる薬を使用します。

発熱が3~5日間続きますので、
熱によるつらさ「食事水分がとれない」「眠れない」「つらそう」がある場合には、
楽にするために解熱剤を上手に使ってあげましょう。
熱が出るのは身体がウイルスに抵抗している働きをしている証拠でもあるので、
熱があっても元気な場合には解熱剤は使わなくても大丈夫です。

ヘルパンギーナはのどの痛みが強いことが特徴です。
硬いものや飲み込むことが大変な食べ物は避けるようにしましょう。
ヨーグルトやプリン、豆腐、やわらかく煮たうどんなど本人が飲み込みやすいものを食べるようにしてください。

ただし、熱いものや冷たすぎるものはのどを刺激して痛みを感じたり、痛みが強くなったりすることもあります。
温かいものは冷まして、冷たいものは冷蔵庫から取り出して数分してから食べさせるようにしましょう。

またオレンジジュースなど酸味が強いものも避けるようにしてください。
酸味がのどの炎症部分や水疱にしみて痛みを感じることがあります。
のどが痛くて食欲がなくなったり、水分摂取を嫌がったりすることもありますので脱水症状には注意が必要です。
子ども用イオン飲料やゼリーなどを回数を増やして少しずつあげると良いです。

よくある質問

いつから登園・登校できるの?
熱が下がって飲食が十分にできるようになれば登園・登校は可能です。
ただし、症状がおさまった後も2~4週間程度はウイルスを含んだ便が排泄されるため、登園時には園の先生に伝えるようにしましょう。