にじいろ子どもクリニック

新百合ヶ丘駅北口より1分
川崎市麻生区万福寺1丁目1-2 シティモール4F
044-951-2416
  • 平日…09:00~12:00 / 15:00~18:30
    土曜…09:00~13:30
    平日14:00~15:00…予防接種・乳幼児健診
    休診…水曜・日曜・祝日

新百合ヶ丘駅北口より1分
にじいろ子どもクリニック

MENU
Web予約はこちら

診療案内

Medical

小児アレルギーPediatric Allergies

アレルギーに関するご相談に対応します。
診療時間中いつでもご相談いただけます。ご希望をお伝えください。

  • アトピー性皮膚炎
  • 食物アレルギー
  • 気管支ぜんそく
  • アレルギー性鼻炎
  • 花粉症
  • アレルギー性結膜炎

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、単にアレルギーの病気というだけでなく、
皮膚が乾燥することで抵抗力が低下し、さまざまな刺激によって悪化しやすい皮膚疾患です。
お子さまの皮膚のバリア機能の回復と維持を目標に治療を進めていきます。

皮膚ケアについて取り組む「つるつる」外来とあわせて、
「かゆがらない」、「ぐっすりねむれる」、「物事に集中して取り組める」状態までサポートします。

食物アレルギー

食物アレルギー

食物アレルギーは、特定の食品を食べた後にアレルギー症状を起こす状態です。
はじめて食べたら皮疹がでた、口や体をかゆがる、いつも嘔吐してしまう、
などの気になる症状があればご相談ください。

乳児期から幼児期にかけての食物アレルギーの原因として、鶏卵、牛乳、小麦が多く、
成長するにつれてエビ・カニやそば、果物類などのアレルギーが増えてきます。

ガイドラインに基づいた標準的な治療をすすめていきます。
お子さまに応じた食事の進め方をご家族と一緒に考えていきます。

気管支喘息

季節の変わり目に咳がでたりゼイゼイすることが多い、
夜や明け方に呼吸が苦しくなることがある、などの症状があります。

子どもの気管支喘息は、アレルギー体質を持つお子さんが、
身の回りのダニやホコリ(ハウスダスト)、カビ、動物のフケな、タバコの煙などを
吸入し続けることによって発症することが多いです。
気道が敏感になり、痰が出やすくなったり収縮しやすくなり呼吸が苦しくなります。

身の回りの環境整備から、必要に応じて内服薬・吸入薬の治療を進めていきます。

アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎・花粉症

アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎・花粉症

アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎は、花粉などによる季節性のタイプ(花粉症)と、
普段から身の回りに存在するダニやカビなどによる通年性のタイプに分けられます。

症状の程度に応じて、抗アレルギー剤内服、点鼻薬・点眼薬を用いた治療を進めていきます。

集中の妨げになる鼻汁や鼻閉症状を改善することで、
スポーツや勉強などに集中して取り組める状態までサポートします。